本文へスキップ

千葉土建一般労働組合は、建設に働く親方・職人の労働組合です。

TEL. 04-7185-9314

〒270-1137 千葉県我孫子市岡発戸686-3

ギャラリーGALLERY


 2017年の写真
9/13賃金単価引上げ千葉県決起集会の様子。小さすぎてどなたかわかりませんが・・・。
 
       

2013年度の写真

2013年1月 除染活動の報告1

作業員の打合せ

現地での線量測定

大量の砂利を除染する現場もあります

砂利の洗浄作業

庭土の天地返し作業

狭小地でも作業します
住宅センター協議会と我孫子市役所で交わした「除染業務委託」は、現在250件(妊産婦及び未就学児の家庭)を越すご家庭の除染が終了しました。1月の大雪の影響で作業が若干遅れていましたが、40名を超える仲間の協力で、順調に進んでいます。
今後も市民の皆様に信頼される組合となる為。そして、仲間の仕事確保の一環として除染業務を継続して行きますのでよろしくお願いします。また、除染作業をしたい仲間が続々と組合に加入してきています。この勢いで拡大目標も達成できるように頑張ります。

2013年1月12日(土) あびこ支部旗開き

委員長の新年の挨拶

来賓の議員に除染ブルゾンを贈呈しました

恒例の餅つき

今年も1年ガンバロー
千葉土建あびこ支部の新春旗開きを組合事務所で開催しました。昨年は、どけんまつりの成功や、除染業務委託など大きな成果を成し遂げることができました。
今年も、仲間の仕事と暮らしを守り、組合を大きくしてゆく決意を固めました。


2年10月30日(日) 第1回あびこどけんまつり

建築士の解説で建前開始

柱や梁(はり)を組んでいきます

高いところでも安全に作業します

お菓子巻きの風景
千葉土建あびこ支部の最重点課題であった『第1回あびこどけんまつり」は、2000名を超える来場者と、約100名のスタッフ。で大成功となりました。
ステージ上では高野山小吹奏楽部やフラダンス・ハワイアンバンド・hiphopダンス・ソーランの出演者の皆様に会場を盛り上げていただき、各分会ので店も大盛況(全店舗で完売)でした。また、今回の目玉でもあった『建前実演』も日頃はなかなか見ることのできない“家ができるまで”を、来場者の目の前で披露することができました。その後の『お菓子まき』でも皆さんの大きな笑顔を見ることができて、スタッフ一同大変感謝しております。
加藤県議・水野友貴・西垣一郎我孫子市議や千葉土建の他支部の役員さんも来場され、まつりを楽しんでいただけたとおもいます。
今回のどけんまつりでご尽力いただいた実行委員とスタッフのみなさんお疲れ様でした。そして出店に協力いただいた共闘団体の皆様ありがとうございました。

10月13日(土)に千葉テレビのサタ*スタで放送されました。現在、YouTubeで見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=7_wt3yTI8xQ

2011年度の写真

2012年1月9日(月) 旗開き

委員長 年頭の挨拶

多くの来賓が来ました

恒例の餅つき

今年も1年頑張ろう!
新春旗開きを支部事務所で開催しました。お忙しい中、我孫子市市議や本・支部役員、各共闘団体17名の来賓がお祝いに来ていただき、誠にありがとうございました。分会からも、多くの仲間が家族と一緒に参加し、毎年恒例の餅つきで新年の門出を祝いました。
昨年は、東日本大震災を語らずにはいられない年でしたが、建設職人の組合として今出来ることは何かを考え、地域の復興と仲間の仕事と暮らしをサポートしてゆきたいと思います。
今年も一年間よろしくお願いいたします。



2011年11月6日(日) 青年部カート耐久レース

これからスタートです

激しいデットヒート

最速王めざして

このスピード感!

ドライバーチェンジも迅速

表彰式

シャンペンファイト!

参加者全員で記念撮影
第3回目の『あびこ支部青年部カート耐久レース』を開催しました。当日は、ウェットコンディションで開催できるか心配でしたが、““小雨決行”路面は濡れていましたが、レースは出来る!今までとは違う、スリリングなレースとなりました。やはり、タイムとしては前回よりも遅いものの、1時間の耐久レースは白熱。最初は遊び半分だった仲間も目の色を変えて本気モードとなりました。
今回は、野田・佐原・山武・長生の仲間も参戦し、全体で17名の部員で楽しく交流でしました。次は本部青年部の企画になる可能性も…

2011年9月4日(日) 長瀞バスハイク
第3回目を迎えたバスハイク。今回は秩父に行きました。長瀞でライン下りをして、秩父鉄道のパレオエクスプレスに乗る予定でしたが、台風の影響で荒川が増水しており、ライン下りは残念ながら中止となってしまいましたが、80名の仲間と家族が日帰りのバスハイクを楽しみました。
ライン下りの替りに川越散策を長めに取り、古くから伝わる街並みを散策したり、買い物をしたあと長瀞に到着。増水した荒川を眺めながら記念写真を撮りました。そして秩父鉄道のパレオエクスプレスに乗車。懐かしい方も始めて見る方も、今回の旅を満喫しました。
帰りのバスでは、役員が準備したゲームやクイズで寝る人を作らない盛り上がりでした。また来年の企画をお楽しみに!

2011年7月31日(日)&8月7日(日) 住宅デー
今年の住宅デーは、会場の関係で2日間に分けての開催となりました。7月31日は4会場。そのうち、唯一の茨城開催をしている伊奈分会は、昨年までの「きらくやまふれあいの丘」から『ビッグドラッグ板橋店』に変え、多くの来場者でにぎわいました。また、我孫子の東分会では、『東消防署』の協力を得て、煙体験と水消火器訓練を行い、沢山の子供たちが集まりました。
チラシの裏面に入れた“ピー犬くん”(千葉土建のマスコット)のぬりえも好評で、カラフルに塗られたピー犬くんが各会場に飾られました。
住宅デーに参加された仲間のみなさんお疲れさまでした。そして、各会場に来場されたみなさんと東消防署員のみなさんありがとうございました。

2011年6月12日(日) 第16回支部定期大会

今井・花崎・加藤の県議が挨拶

1年間の功労者表彰


新委員長挨拶


1年間ガンバロー

三井ガーデンホテルで開催された『第16回支部定期大会』は、代議員30名・特別代議員4名・執行部23名・来賓18名の出席で盛大に執り行われました。中でも来賓では、今井・花崎・加藤の3名の県議が来られ、あびこ支部の活動の評価とこれからの期待が寄せられていると感じました。また、今大会は、“仲間の絆を強め、反転攻勢へ”をスローガンに、新たな役員構成でスタートしました。
昨年度あびこ支部は、住宅リフォーム助成制度の実現に向け我孫子市や議員に積極的に呼び掛け、今年度施行する事となり、組合としても仲間にとっても大変喜ばしい報告ができました。また、特別発言として5月15日の生活再建!住宅相談会の報告を東分会の仲間が行うなど、地域に根差した活動が実を結んだ報告ができました。

今大会で役員の改選があり、新執行委員長を始め、新たな気持ちで仲間の仕事と生活をサポートしていきますので、よろしくお願いいたします。


2011年5月15日(日)
 生活再建!住宅相談会

建築士Oさんの受付

建築士Sさんの受付

耐震金具の展示

ご協力いただいた皆さん
我孫子市の布佐・都は、この度の震災で甚大な被害を受けた"被災地"となっています。千葉土建では、布佐2号公園にて、布佐・都地域の住民のみなさまの住宅改修に関する相談会を、毎年開催している住宅デーとは別に5月15日(日)に開催しました。23名の仲間が集まり、2名の建築士が被災した10組の地域のみなさまの切実な相談を受けながら、直ぐに現場を見てどの様な補修が必要なのかを的確にかつ丁寧にアドバイスしました。





2010年度の写真

2011年3月18日(金)
 震災義援金を我孫子市長に!

義援金を市長に手渡し

現地視察の途中で
我孫子市の布佐地域(我孫子市西部)は、国道356号線が通行止めになる市内で一番酷い被災地域です。そこで、我孫子支部の仲間からの呼びかけで、震災義援金を募ったところ、沢山の義援金が集まりました。そこで、集まった義援金の一部を我孫子市に届けたところ、この大変な激務の中、星野市自ら義援金を受け取っていただけました。
市長は、『我孫子市内の整備がなんとか整ってきて、やっと市外や県外に支援できる状態まできました。この義援金を有効に使わせて頂きます。』と喜んでいました。
今後も義援金の受付を行ってゆきますので、ご協力お願い致します。


2011年3月17日
 補修の依頼が絶え間なく!

依頼内容を佐藤委員長が確認

机の上が依頼書の山に

液状化で傾いた電柱
(布佐)

地盤沈下した分マンホールの蓋が高くなりました
3月11日に起こった『東北地方太平洋沖地震』の被害は、福島県や宮城県を中心に報道されています。しかし、我孫子市でも液状化現象による地盤沈下で建物や電柱などが傾いたり、ブロック塀や屋根瓦が崩れている地域が有ります。あびこ支部が事務局になっている『我孫子市住宅センター協議会』も、屋根の補修などの依頼が殺到しています。

2011年2月27日(日)
 東葛ブロック青年部 『男の鍋コンテスト』&『拡大中間決起集会』

男の鍋コンが始まります

本部副委員長が激励

本部青年部長も熱く訴え

みんなで食材を切り

愛情(笑)を込め

美味しい鍋ができました
    柏   松戸
 鎌ヶ谷 我孫子 野田 

一人3票を投票します

第1位は鎌ヶ谷でした
東葛ブロック青年部主催の、鍋コンテストをあびこ支部事務所で開催しました。これは、東葛地域の各支部の青年部員が鍋料理を作り、一番美味しい鍋はどこの支部かを競いながら懇親をし、拡大月間を盛り上げて行こうという企画です。
朝早くから集まった仲間が大量の野菜を切り、出汁を取る姿は、日頃見られない一面(不思議な光景)を垣間見られました。
各支部とも美味しい鍋ができ、12時からコンテストが開始。いろんな鍋を味わうことができました。コンテストの投票は、一人3ポイント。本部副委員長のみ10ポイントを入れ、得票数の多い支部が優勝とし、参加者全員が迷いながらも投票しました。優勝は鎌ヶ谷支部の『鳥鍋』になり、あびこ支部は残念なが最下位となってしまいましたが、一生懸命作った鍋は、みんな美味しく、お酒も進みました。

2010年9月5日(日)
 バスハイク


バスの中で健康教室

絵付けの説明

一生懸命描いてます

上手にできたかな

日本一のつり橋

1号車の集合写真

2号車の集合写真

全員での集合写真
組合の拡大出陣式と健康づくり教室を兼ねたバスハイクは、バス2台の定員を上回る申し込みが有り、残念ながらお断りをさせていただいた仲間が出るほどの大盛況でした。
当日は、絶好の行楽日和!バスの中で健康教室を行い、メタボ解消を実践した仲間からの生の声を聞きました。その後、益子にて益子焼の絵付け体験をしました。みなさん湯呑の絵付けに集中していました。
昼食は、宇都宮餃子館での餃子食べ放題。おなかいっぱい餃子をたべました。最後に、もみじ谷大吊橋を渡りました。
長時間バスに揺られお疲れの様子でしたが、楽しい有意義な一日を仲間と過ごし、もっと多くの仲間を増やそうと決意を新たにしました。

2010年6月28日(日)
 住宅デー

伊奈分会の木工教室

巣箱完成

風船ハチマキで作成中

本立て完成

ザリガニ釣りやってます
懐かしのスマートボール
耐震相談

エコポイント相談窓口
あいにくの空模様かつ、我孫子市元気フェスタと同日という中、5分会の各会場で工夫を凝らした住宅デーを行いました。
今回のテーマは、エコリフォームと工作教室!エコポイントや耐震相談をしている中、お子様たちは巣箱や本立てを作るコーナーを設け家族みんなで楽しめる催しとなりました。


2010年6月6日(日)
 あびこ支部第15回定期大会


委員長挨拶

来賓 花崎県議

来賓 印南市議

来賓 佐々木市議

来賓 西垣市議

ガンバロー三唱
三井ガーデンホテルにおいて開催された『あびこ支部第15回定期大会』は、代議員41名・執行部24名というあびこ支部設立以来最高の参加で盛大に執り行いました。また、15周年の節目ということも有り、21名もの来賓の方々がお祝いに駆け付けていただきました。
昨年度あびこ支部は、特に仕事対策に力を入れ、我孫子市や地域の建設団体との協力で年間3,000万円もの仕事を確保することができました。これは、役員の若返りを図りながらも、『仕事がない。』という仲間の声を、少しでも解消しようと、役員を先頭に今ある制度をどう活用・発展させるかの討議と行動の賜です。
これからも仲間の要求を一つでも実現させるため、新たな役員体制で運動を1歩1歩前進させてゆきます。今後も千葉土建あびこ支部をよろしくお願いいたします。

  15周年記念式典
ハワイアンバンド&フラ
支部設立の功労者

支部設立の歴史を

迷司会?
あびこ支部は、今年設立15周年を迎えます。支部大会後に記念式典を開き、あびこ支部設立から現在までのDVDを作成し、15年の歴史を学びました。また、設立時の功労者3名にお越しいただき、感謝状と記念品を贈呈しました。

バナースペース





ツイッター始めました